sarira

とおかまち

 

とおかまちてづくり市、終わりました。

 

ありがとうございました。

 

 

今回嬉しかったことは、

4月の群馬の森クラフトフェアにいらしてくださった方が

群馬から足を運んでくださったこと。

 

県外でのイベント参加は楽しみな面も大きいですが

一人で心細い面もあり

本当にありがたく、励まされました。

 

また11月の群馬・富岡の動楽市でお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

そして、もうひとつ。

 

今年の一月にTVでをつけたほんの一瞬見かけたのがきっかけで

気になって気になってしょうがなかった

アーティスト、淺井裕介さんの作品を見ることができたのです。

 

それも本当に偶然に。

 

搬入を終えて出店者用の駐車場に車を移動し

近道はないかな?と他の出店者さんに声をかけ

確かこっちだったかも・・ともうひと方加わり進んだ先、

角を曲がったら突然、道に描かれてたのです。

 


 

 

 

 

かなり大きいのです。

 

この写真じゃお伝えしきれないけれど。

 

 

 

 

この偶然に鳥肌が立ちました。

 

淺井さんは、

現地で採取した土と水で描く「泥絵」

植物のように壁に広がるマスキングテープの上にペンで描く「マスキングプラント」

道路用の白線素材を地面に焼き付けて描く「植物になった白線」など、

身の回りの様々な素材を用いて、

室内外問わずありとあらゆる場所に奔放に絵画を描く方。

 

 

最近では2月まで箱根、青森や静岡の美術館で巨大な泥絵を展示されていて

その泥絵がすごく見てみたいのですが、機会が持てずにいました。

 

 

でもこんなカタチで作品に出会うことができるとは・・。

 

 

 

近いうちきっと泥絵もみれますとも。

 

 

強く思っていれば、ポンっといいタイミングで。

 

 

 

 



Search this diary.

Selected entries

     

Categories

Archives

Others


page top
 total : │today : │yesterday :